目指せ!オサレ番長!!

有名人はどんな何のブランドの何を着ているのか、流行と共に旬な情報を発信していきます。

<続>IQOS、ibuddyの危険性発覚!愛煙者が選ぶべきデバイスは?

昨日、こちらの記事にも書かせていただきましたが、

IQOSのヒートスティックに重大な問題がありそう?

ということが発覚しました。あくまでも個人的な

意見ですが、その成分などが公表されていないので、

怪しいっちゃー怪しいです。ずばり、IQOSのヒート

スティックの葉タバコとフィルターの間にプラスティック?

ビニール製のものがあり、それが、吸引すると溶けて、

固まってしまいます。IQOS側の言い分としては、吸引を

する際に、通りをよくするモノとのことです。ただ、

一般的に、プラスティックやビニールは、溶けると、

有害物質が発生するのは、周知の事実です。

アメリカがIQOSの認可しないのは、こういった理由も

あるのかもしれません。

f:id:dopeloco11:20180204210721j:plain

dopeloco11.hatenablog.com

 IQOSに問題があるのではなく、ヒートスティックに問題が

あるので、それを避ければ、問題解決です。そこで、管理人の

ツイッターに「じゃー、結局、何がいいの?」というお問い合わせを

いただきました。その答えは、ヴェポライザーです。

 

ヴェポライザーとは、IQOSと同じように、熱して発生した水蒸気を

吸引する喫煙具です。IQOSとの違いは、ソフト側に制限がないことです。

もちろんIQOSのヒートスティックも吸引できます(先ほどのプラスティック

を外し)し、葉タバコ(シャグ)を吸引できます。中には、お茶葉や紅茶の葉、

通常のメビウスなども水蒸気として、吸引することが可能です。吸引による

キック感は変わりません。

 

そして、最大の魅力は、コスパです。1回の吸引に必要な葉タバコの量は、

0.25-0.5g程度です。これは、IQOSに換算しますと、同じ460円(20本)で、

80本吸えることになります。これから、たばこ税が上がることが決定して

いるので、とても経済的です。

 

その中で、おすすめはというと、WEECKEのC VAPOR2.0PLUS

なります。

f:id:dopeloco11:20180204203810j:plain

何がおすすめかというと、オールマイティなところと、

携帯性を重視された大きさ。そして、IQOSにはないLEDの

ディスプレーを搭載したデザインです。まずオールマイティな

部分については、IQOSのヒートスティックも、GLOもプルームテックも

葉タバコ(シャグ)もリキッドタイプのVAPEも吸えてしまいます

これ1本あれば、完璧です。欠点としては、バッテリー容量です。

本体の大きさを抑えた分(ボックスタバコより小さいです)

1600mAhしかないので、1日は持ちますが、携帯バッテリーがあると安心です。

 

f:id:dopeloco11:20180204211518j:plain

こちらの製品は、別売りの専用のスペーサーがあれば、外出先でも

チェーンスモークが可能です。なくてもできるのですが、葉っぱを

入れ替える必要があるので、少し手間です。

f:id:dopeloco11:20180204205611j:plain

f:id:dopeloco11:20180204205812j:plain

葉タバコを切っても、そのまま使えます

 

既に、ネット上では、話題になっているのですが、実店舗での

販売をしていないようです。カラーは、現状は、黒のみです。

たばこ税値上げと、ヒートスティックの異物混入がわかったので、

管理人は、変えました。

 

「c vapor2 plus」をアマゾンで購入できます。

 

既に一部ネットショップでは、品切れが始まってるとのこと

でしたので、お早めに安全な方へ検討してみては、いかがでしょうか?